2006年1月10日

RHODIA

現在定番になっている仕事のスタイルはMac上で全てかたづけるパターン。で、たまに出先での打合せがあったりするんだけど、その頻度はきわめて低いってところが影響して、いつまでも2004年の仕事用ダイアリーを使っている。打合せが終わった時にメモ帳を閉じるといつもそこには「2004」の文字。とりあえず白紙のページがまだ沢山残っているし...。って、別にね、物持ちが良いとかそういう人間では決してありませんですハイ。つまるところ、新調するのが面倒くさくてそのまま使っているわけ。と言ってもあまり格好良くないなぁってのが本音。ふむ、いつまでも古いワークダイアリーを使っている訳にもいくまい、ってんでネットで色々と調べてみる事に。

基本的に過密スケジュールで依頼をこなすパターンは無い(ちゅうか、キライ)ので、週や日単位での予定セクションは不要。月表示に関しても、特に必要ないかな?ってんで、思い切って純粋なメモ帳をターゲットに決めた。と、用途を絞っていくうちに以前どこかで見たときがあるノだよ〜と悶絶状態に陥る。これって一番心地悪い一時である(-。-;

基本的にProjectペーパー的な罫線があって、必要に応じてピッと切ったり出来る............。で、見つけた。正確には再会ね。物の名はRHODIA。確かCLIE関係のサイトで一度見た記憶がある。確かに面白いなとは思ったけど、その時はさほど必要性を感じなかった。それこそCLIEとかPDAを使っていたからね(^ ^)。

で、RHODIAだけぢゃぁ携帯性が悪い、と言うか紙製品だから、カバーみたいなモノはないかなとググってみると、ありました。収納するモノと用途が極シンプルなんで、諸製品共におおよそ同じようなスタイルになってしまうみたい。数日かけてあれこれ考えてみよう。今年最初の物欲ターゲットはコレになりそうね(^ ^)b

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.vanityfactory.net/mt/mt-tb.cgi/5