2007年5月24日

CrossOver Mac

現行のintel CPUを搭載したMacintoshハードウェア上でWindowsが動くようになって世の中何かと便利になってきた気がする。その手法はMacを完全にWindowsマシン環境にしてしまうBoot Campと、Mac OSの上でWindowsを動かすParallels Desktop for Macの二つが有名どこだった。

実際にこれらを導入する場合、必要不可欠なのがWindowsのOSそのもののインストール。独立してから業務の全てをMac環境に移行した訳だけど、送られてくるファイルがWindowsアプリケーションレガシー状態で作成されていたりした場合は、その都度、Windowsマシンを立ち上げてファイルを変換して...、ってな作業をしなければならない。私がWindows環境を必要とするのは、今ではその程度。いくら大容量HDDが標準になった最近のハードウェア事情でも、ギガを超えるファイル領域ををそのためだけに確保し続けるのはどうもスッキリしないってんで、本気で導入するのに二の足を踏んでいた私なのであった。

で、こんなのがありました。

CrossOver Mac。単純に言えば、使いたいWindowsアプリケーションを動かすのに最小限のファイルだけをインストールしてエミュレート環境を構築するソフト。インストールされるのはWindows互換APIだけだから、もちろんWindows自体必要としないのが良いかと。

早速ダウンロードして試験導入してみる。インストールされるファイルが最小限といっても、Macにインストール済みのプリンタドライバを使ってプリントアウトも可能(一部フォントで少々難アリ)だし、マウス等のインプッドメソッドもそのまま機能する。オートラン仕様のCD-ROMを挿入した場合も難なく動作するんで◎。ファイル構成を見てみると、下位フォルダにCドライブ等のディレクトリが作られていて、Windowsアプリケーションから見た時Windowsを操作している時とそう大差無いファイル操作が可能になっていると感じた。ちなみに、CrossOver Macからディレクトリを辿っていくと、Macのデスクトップまでキチンと到達できるようになってたりして、良い感じに判りやすいゾ。

Boot CampはWindowsユーザーがAppleのハードを使うため、Parallels Desktop for Macはもう一歩踏み込んで、MacとWindows両環境を並列して使うための両刃使いユーザーのため、そしてCrossOver Macは、Macユーザーのためのモノ。ってな位置付けになるのかな。即採用デス、これ(^ ^)b

2007年5月21日

G-SHOCK電池交換

半年前から手持ちのG-SHOCKの電池切れが淡々と積み重なって、まともに時刻表示するのが数個になってしまった。で、重い腰をあげて一気に電池交換。

時計の電池交換ってのは、まともに時計店の店頭に持ち込むと@1.5kくらいかかっちゃうのね。で、かつてこんな事もしてたんで、自分でやってしまう訳でありますハイ。

現行品のG-SHOCKはDW-9700で初搭載(だったっけ?)された大容量ソーラー充電機能のタフソーラが主流で、電池交換が必要ないようなんだけど、所有しているのは全て電池駆動品。それなりに数があるので、個々の装着率が低くて電池のもちも良いかと思いきや、ブームが去った今でさえ、改造を加え続けていたり、必要もなくバックライトを点けたりしているんで、やはりそれなりに電池切れになるのだ。時計棚をザッと眺めて、時刻表示が出来ない100%電池切れ状態のものに加えて、ボタン操作をすると液晶が薄くなってしまう末期のモノも選び出す。総数ザッと19個ナリ、ふむ、多いね(^ ^;。

電池交換するには、電池が無いとどうしようも無いってんで、まずは電池を調達。G-SHOCKの電池は基本的にSR2016系。一昔前なら数を買えばソレナリに金額がかさんだんだろうけど、今は便利なもので、100円ショップで電池を全数調達。2個入りで100円は安いです、ハイ。と、今回の電池交換対象に含まれたAW-570MB-1VTだけはSR927とSR602の2個仕様。この電池は別途調達、さすがに針系は別物か。精密ドライバー、ピンセット、ダルマ画鋲、耐水グリース、他色々、工具を揃えてサッソウと電池交換に挑む。

まずは、パネルバックね。グリグリと裏蓋を止めているネジを外して、電池を取り換えて、ACして、パッキンゴムに耐水グリースを塗布してネジを締める。この動作を淡々と繰り返す。ちなみに、デジタル時計は電池交換の後にAC(オールクリアー)しないと動かないモノが多々あります。これは、地金に「AC」と刻んである直近の基盤金属端子部分と、電池の+部分を接触させてショートさせることで完了デス。

続いて、スクリューバックに挑む。今回の今回の電池交換対象になっている、スクリューバック系はDW-8200ZJ-1Tを始めとするDW-8200系2本と釣り蛙。懐かしいねー釣り蛙。これを「とむそおや」さんが主催していた当時の伝説サイト「Gクラ(G-Shock定価安価歓迎倶楽部→G-Shock Club)」に投稿した以降、全国の剛腕G改造職人が続々と秀品を世に発したモノだった。一番名を馳せたのは、おちゃるさんの「針蛙」その他、YUTAKAさんの「メタル蛙」、作った御人名は忘れたけどロレックスを仕込んだ「ロレックス蛙」ってのもあったね。そうそう、じゅどーさんとの公私共々の交流も懐かしい、元気ですか?

さて、話しを戻して...。パネルバックは汎用の精密ドライバーがあれば簡単に開けられるんだけど、スクリューバックはそうはいかない。で、取り出すは「AKERUKUN(あけるくん)」。これはG-SHOCKブーム全盛期に改造派の人が作ったG-SHOCKスクリューバック開けに特化した工具(AKERUKUNは8200系用と5600C系用2種類あって、私が持っているのは8200系用だけ。きたる5600C系の電池交換時は店頭持ち込みを覚悟してます)。ベゼルを外したアッシーを万力に固定して、裏蓋にAKERUKUNをセット後、スパナでグッと回す。うん、この感じ懐かしいゾ。っと、最後に残したDW-8200ZJ-1Tだけはなかなか回らず泣きが入るほど時間がかかってしまった(^ ^;。MIB系はアッシーケースが黒く焼付塗装されていて、多分その塗装被膜の厚さが影響していたんだと勝手に想像したけど、真実は判らん。

とにもかくにも、全数19本電池交換完了。時計ケースに収めて、改めて全ての時計が同じ時刻を示しているのを見ると圧巻ね、等と自己満足に浸ったりして(^。^;。っと、正時に時報が一斉に鳴ってビックリ。時計一個だけだと「ピッ!」ってな音なんだけど、19個が一斉に鳴ると「ビビッ!!!」ってな具合なのね。再度時計ケースから取り出して、淡々と時報を解除。とりあえず一山越えてひと息つく事が出来ましたデス。

と、今回の電池交換の合間をぬって、久しぶりにG-SHOCKをキーワードにネットをさまよってみた。あの頃たくさんあったサイトのURLは概ねNOT FOUNDに...。諸Webマスター方達はサイト制作を止めてしまったのだろうか?少し寂しい気も半分、違うカテゴリーであの頃のように活躍している姿を期待しながら、エントリー内に当時のキーワードを盛り込んでみたりして...。誰かキーワードを辿って、ここに来てくれないかな?お元気ですか〜皆様(^ ^)b'''

2007年5月19日

FLYING KIDSだ!

あー、いつの間にか5月なかばでございますハイ。

っと、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2007 in EZOFLYING KIDSが復活するそうだ。
懐かしさいっぱい、「今聴きたいモードスイッチ」が入ってしまい、iTunes Storeで「幸せであるように」をダウンロード。

懐かしいねぇ、イカ天FLYING KIDSの他には、BIGINLittle Creatures人間椅子BLANKEY JET CITYジッタリンジン他色々あったねー(^ ^)b

そうそう、涙そうそうにBLANKEY JET CITYの中村達也が出演していたのは、ちとおどろいた。あの頃の雰囲気そのままだ(^。^;

FLYING KIDS - BEST OF THE FLYING KIDS ~これからの君と僕のうた~ - 幸せであるように

FLYING KIDSの「幸せであるように」ってのはこんな曲です。
※iTunesが開いてiTunes Storeにアクセスしますデス。