2007年6月28日

iPhoneはApple Storeで、

売るようですね。

米国のApple StoreにはしっかりiPhoneへ導入するのアイコンがあります。米Appleのトップページにat&tのリンクがあるって事は、Nokia E61とは違って、キャリア契約済みで納品ってな感じになるんでしょうか?

と、米AppleのトップページはiPhoneだらけね。いつの間にかWebのインターフェイスが変わっていたりして。Leopardも秋には出るしね。もうアクアインターフェイスは古いって事かな...。変わるな、色々と。

そうそう、QD3DのiPhoneをグリグリしてみたんだけど、ストラップホールらしきものが無いのね。これぢゃ、首から下げられないではないか。(←買うつもりでいるひと)

2007年6月21日

iPhoneはDoCoMoから?

アメリカでiPhoneが発売される6月29日まであと少し、日本でもiPhone関係の噂が多々。で、獲得に向けてDoCoMo FOMAががんばっているってな噂が...。てっきりソフトバンク3Gなのかなって思ってたんだけど。メディアの予測先行報道を信じてるって、私も立派な小市民だな(^ ^;

ま、日本国内で使えるようになるには多くの問題があるんだけど、そこら辺はいずれ解決するんでしょう。っと、かなり前に「by」シリーズを廃止した経緯があるDoCoMoなれど、FOMAのラインにそのままiPhoneを並べる事は無いと確信。現行機種では、HTC製の企業向け端末がキチンと「hTc Z」としてメーカーブランドで提供されているんでここら辺は安心かな。iPhoneにDoCoMoとかFOMAとかの文字が刻まれているのは、あまり良い感じがしないし〜(^ ^)b''

どうせならNokia E61みたいにApple Storeで端末だけ売って、SIMを差し替えて使える仕様にして売ればいいのに、なんて自分勝手に考えていたりして。実際 OS Xがそのまま載っている仕様なんだから、スマートフォンというよりは、立派なコンピュータだし。携帯端末として商品扱いをするのはもったいないと考えるのは私だけではないはず、だよね。

@IT:なぜiPhoneは日本で使えないの?
ITmediaエンタープライズ:NTTドコモ、iPhoneの国内展開は前向きに検討
Nokia Online shop:Nokia E61
ケータイ Watch:ドコモ、法人向けスマートフォン「hTc Z」を31日発売

2007年6月14日

GoLive

Golive って Adobe Creative Suite のラインから外されちゃったのね(-_-;

Dreamweaver の方が評価が高いってのは前々から知っていたけど。見事にとって代わられたってな感じでしょうか...。

今のところGoliveの最新バージョンは 9で、アップグレード版もキチンと用意されていたりするんだけど、AdobeのGolive 9公式ページには「Dreamweaverへの移行」なんてコンテンツがあったりして...。ズッと使い続けてきたソフトなもので、今さらDreamweaver に移行するのも気が引けるんだけどね、いずれは移行する必要があるかな?等と、とりあえず心構えをっと。

2007年6月13日

カウンターを付けてみる

blogを再再再起動してから、ずっと気になっていた右カラムにある「Counter」ってなところにカウンターを設置してみた。ホームページを公開して早9年が過ぎて、アクセス数なんてモノにはサラサラ興味無いんだけどサ。

CGIスクリプトは本家で使っているモノをそのまま使って、サクッと設置完了。って、カウンター数字画像も本家で使っているモノそのままなんで、何となく違和感。元より飾りっ気の無いblogなんで、ここだけ妙に浮いているなと。近いうちにどうにかしようっと(^ ^;

2007年6月12日

Safari 3 パブリックベータ

Safari 3 パブリックベータが発表されましたデス。で、Windows版も同時に発表です。そうです、Windows版「も」なのデス。

Internet ExplorerのMac版は開発中断されて久しく時が経ってしまった訳だけど、この頃のWeb環境(特にストリーミング配信)は「IE+○○」とかいった但し書きが多々あって、Mac環境では見られないサイトが多々。ご丁寧に「お使いの環境では、動画を視聴できません。」等と太文字で表示する了見の狭いサイトまであったりして。これはInternet Explorer と Windows Media Player のバージョンの関係があって、Mac環境ではどうやっても見る事が出来ない。何だかコンピュータ環境の差別化を「意地悪」的に用いられている感があってね...(^ ^;。そんな次元の低い意地悪をするより、技術的に鍛練した方が良い結果へ向かうと思うんだけどね。ま、シェア争いとかの話しは良くわからないから、私は。

少し前のインターネット事情は、対応ブラウザの振り分けこそあったにせよ、OS環境とかでの振り分けは無かったと記憶している。さて、今回のSafari 3 パブリックベータの発表を受けてMicrosoftの技術者達何を考えるのだろうか?興味津々。

2007年6月 8日

N904iとP703iμ

先月末の事ね。携帯電話をN904iに変えてみた。家人のmova(苦笑)のFOMA化にちゃっかり便乗で物欲を満たす私である(^ ^)bNを使うのはN503iSからSO505iSに乗り換えて以来。さて使い勝手はどうかというと...。

SO505iSからFOMAに移行して、P900i、P902iと代を重ねてきた訳だけど、Pのワンプッシュボタンに慣れていたせいで、開け難いってのが第一印象。加えて、オープン=通話開始てな機能設定があたり前のように身に付いていたので、暫くは呼び出し状態のまま「もしもぉ〜し!」と一生懸命叫んでいたりして(^ ^;。二つ折り状態から開く事で使用形態になるのであれば、Pシリーズのワンプッシュオープン機構ってのは必要機構だと思うんだけどね、オープン=通話開始の機能設定についても同じ。使い勝手としては、ワンプッシュオープン+αの機能だとしても、二つ折り型が主流となった今では、他社でも採用すべきだと思うぞ、私は。

続いて全体の質感とボタン操作感。これね、私的には完全に「ー」評価。見た目の印象よりは重量が軽い(外装では金属パーツがホトンド無いのね)せいか、少し安っぽい印象がする。ボタン操作の感覚も、コンビニの弁当の蓋(透明なやつね)の角をポコポコ押している感じ。ソー言えば、N503iSもそんな感じだった。全体の質感に関しては、P900iに替えた時も、同じ感じを覚えたなぁ。

ちなみに、買ったのは Orange Cut で、配色的には黒とオレンジのコントラストが効いていて良い感じ。カラーは4種類あるんだけど、おそらくこの Orange Cut がステファノ・ジョバンノーニのコンセプトカラーパターンなんだと思う。ここら辺を見てからここを見れば判るかと。Day and Night はともかく、Urban Blue と Pink Soda に関しては、どうも納得がいかないなぁ。 Orange Cut とDay and Night だけでも、ラインとしては十分足りると思うのだけど。彼のデザイン手法に対する私個人の勝手な思い込みかな?

そうそう、ソフトウェア的には良い感じに納まっていると思う。ただ、FOMAハイスピードとヤマハサウンドは私には不要ね。もとより、携帯電話で全て事を済ませようと思っていないし。フルブラウザ機能を搭載しているのは◎ね、っと言いながらその機能をまだ試していなかったりして(^ ^;。ん?スペック的には、ハイスピードに対応したからフルブラウザ機能が付加できたと考えるのが正解か...。ま、いずれこの機能は試してみようかと。

ちなみに、家人の初FOMAはP703iμ。あの薄さでは実現不可能なのかPシリーズなれどワンプッシュオープン機構無しが残念。が!質感、操作感共に、こっちの方が上ね。ステンレスボディなんで、ちと重いんだけど、こっちの方が安定感があって、ボタン操作の感覚も良い感じ。移行するならこっちだったかな?と、ちと後悔していたりして。ひそかにFOMAカードを抜き替えてしまおうか等と目論んでいたりもするんだけど、そんな事したら、家人が怒るかな...?うん、怒るな(-_-メ。

2007年6月 6日

MTを3.35へ

blog(Movable Type)のスクリプトを3.32から3.35へバージョンアップ。

去年の9月頃にクロスサイトスクリプティングによる脆弱性が確認されたとかで、3.33がリリースされたんだけど、どうもこう、重い腰が上がらずそのまま放置していた経緯が私にはある。で、Ver.4のリリース(ベータ)のアナウンスを聞いて今ごろになって入れ替えに挑む。

言語の何たるかを知らないくせに、データベースをMySQL移行していたりするんで、ちと不安が心をよぎるが、とりあえずバックアップをキチッととって...。マニュアルにしたがって、淡々とスクリプトを入れ替える。ここらへん、いつもながら面倒くさいですなぁ。

パーミッションの設定とかをザッと済まして、ログイン。っと...、マニュアルには自動で最新バージョンへアップグレードを開始するとあるが...、どうもこう、なんちゅうか、こういった更新にはつき物のプログレシブバーとかも表示されないし「データベースをアップグレード中...」ってなメッセージが評されたまま30分程経過。サクッと更新されても良いように思っていたんですがぁ。う〜ん、なんちゅうか、これって何かおかしくないですか?

で、検索。で、原因が判った(^ ^)。どうやらmt-config.cgi中のStaticWebPath位置指定が悪かったみたい。今回のアップグレードに伴って初めてmt-staticディレクトリを独立させたんだけど、そこらへんが起因。本体スクリプトと同じディレクトリにmt-staticディレクトリを置いていた時はStaticWebPath位置指定に関しては無視していて良かったようだけどね...。つまるところ、mt-config.cgiのStaticWebPath位置指定がコメントアウトのままだったので、mt-config.cgiの該当部分をサクッと変更してアップロード、無事更新完了。データベースの更新も伴って本当にサクッと終わった。

まずは無事に移行完了ってな訳で、このエントリーが3.35での初となる。っと、保存をかけたらエラー!なんて感じにならなきゃぁいいんだけど(^。^;