2006年4月20日

シネマディスプレイでデュアル・ディスプレイ

一昨日、預け入れ利息自力無限変動制国家公認賭博場と俗称されるところからお金を卸してきた。思ったより利息が多く取れたので、G5君のHDDを増設することにしたのだが、まだ回収利息分に余裕があったんで、前々から思っていたWin機用の液晶ディスプレイを購入する事にした。

Win機はグラフィック用途では使っていないので、描画性能とかにはこだわらないのだけど、とりあえずはEIZOの中古をターゲットに決定。ちと古い型でも今MACのサブディスプレイとして使っているL461位のモノで良いかなと、市内の中古を売っている店を回ってみたのだけど、そう、毎度良い出物に合うはずも無し。

っと、YAMADA電気に行ってみると、中古ディスプレイの棚にAppleのシネマディスプレイ20inchがあるではありませんか。型番はM8893J/A。座布団G4の頃の型で大振りなんだけどね。42,000円ってな値段はタイヘン魅力的なのである。

外観はこれといった傷も無し、良い感じかなと。あまり購入意欲を見せずに店員を急いで呼ぶ。で、動作確認。店頭にあったG5に繋いでもらって電源投入。と、画面右下辺りに2ミリくらいの傷があるのだが、液晶自体にはドット落ちも見あたらないし、かなり良品と判断、結局購入してしまいましたとさ〜。

で、今現在シネマディスプレイのデュアル仕様。片方でCGパースのレンダリングをかけながら、このエントリーを書き込んでますハイ。異様に首の動作範囲が広くなって、ちと慣れるまで時間がかかりそう。ちゅうか、モニタの配置レイアウトを検討せねばなるまい。

2006年4月19日

HDDを増設する

昨日、預け入れ利息自力無限変動制国家公認賭博場と俗称されるところからお金を卸してきた。思ったより利息が多く取れたので、G5君のHDDを増設することにした。

とりあえず1年間は購入時に搭載されていた160G一個で過ごしていたのだけどね、Projectファイルも溜まってきたことだし、そろそろバックアップ体制を真面目に考えねばならんと思っていた今日この頃だったのだ。ちゅうか、仕事で使っているのに、1年間ノー・バックアップってのは、ちと怖くないですか?>自分

で、現在搭載しているのが160Gなんで、同じ160Gを選択。250Gとか400Gといった選択もあったんだけど、なんかのヒョウシにレイドを組んでみたくなるかもしれないってんで同じ容量を。

と、増設してマウントさせた後は急激にやる気が失速してしまい、空っぽのディスクを眺めながら今に至る。さてどうやってバックアップ体制を固めようかと思案中ではあるのだが...。う〜ん、何か気の利いた手法ってのはありませんかね〜。

2006年4月14日

iPodにLinuxを載せてみる

12日にiPodの切開手術を施したおかげでバッテリーのもちがすこぶる良くなったついでといってはなんだけど、以前から気になっていた「iPodにLinuxを載せる」ってな事に挑戦してみた。

元より、これといった前チェックをしていなかったんで、「iPod Linux」でググってみてこんなページを発見。

Nitram+Nunca - Log - iPod & iTunes 活用 | 究極の iPod Hack [ iPod-Linux Installer ]

ちなみに2004年末にアップされたエントリーのようで、iPod-Linuxは既に第四世代まで対応している様子。ま、私のは第三世代なんで、全く問題はあるまい。ちゅうか、しっかりとプロジェクトが進化しているってのは嬉しいねぇ。

で、冒頭で「挑戦」って書いたんだけど、実際はインストーラー形式になっているモノをDLして、MacにマウントしたiPodにインストール。後は再起動をさせるってな簡単手順で終わってしまった。あまりにもあっけない作業で、ちと拍子抜けしてしまったんだけど、起動時に表示されるハッピーマックにかなり感激〜。

デフォルトでiPodに載っているiPod SoftwareとiPodLinuxをブート出来るのがポイントねコレ。iPodLinuxの設定項目ってのはiPod Softwareのそれと比べ物にならないくらい多岐に渡っていて、アピアランスとかクリックホイールのセンサー感度とか色々といぢっていて楽しいモノになっている。日本語環境に関しては、ユーザー側でフォントをインストールする前に少しいぢらなければならないんで少々難アリのようで、いまのところ気が向かない。でもiPodLinuxのファイル郡自体は、そんなに容量を食うものでも無いので暫くこのまま放置して、いつかは挑戦したいなと...って、いつになるのやら。

元より、AppleのiPodに関する姿勢は「簡単にデジタルで音楽を」ってな感じなので、その意に反してユーザー側でこのプロジェクトみたいな動きがあるってのは面白い。まぁ、iPodをPDA代用品にしようとまでは思ってはいないのだけど...。もし、容量に余裕がある人はやってみるのも面白いかと思いマスです、ハイ。

2006年4月12日

iPod切開手術

iPodのバッテリーのもちがすこぶる悪くなってきたので切開手術をしてみた。

購入したのは去年の1月後半。ちなみにオークションでの札入れで第三世代。再生とかスキップの専用ボタンが4個付いているヤツね。デザイン的には第四世代とか第五世代のモノよりはこっちの方が好み。真っ白の筐体が最高のお気に入りなのだ。

もちろん中古というわけで、購入当初からカタログスペック程の再生能力を期待してはいなかったのだけど、フル充電で5時間位は動いていた記憶がある。車の中でiTripを併用しても、3時間強は持ったものだった。で、最近は同じ使い方をしても2時間くらいしかもたない。今朝出勤中に車中で使っていたら、たった20分程度でゲージが半減。そろそろ末期かなと...。

と、ある方法でバッテリーが復活するってな話を聞いた。同室の先輩からwebをPDF化したファイルをもらってソレを参考に四苦八苦。正味1時間程で完了。一番の山場はiPodを開ける行程ね。なんたってブラックボックス的な作りなもので、ソレを無理矢理こじ開けるってな感じ。この行程のポイントが判るまで30分以上を費やしてしまったゾ。若干ケースに傷が付いてしまったのが残念。ま、有償でバッテリー交換を頼むのを考えれば、ちょっと位のキズは我慢でしょう。

とりあえず帰宅の路でもiTrip併用で使ってみた。加えてバックライト常時点灯+クリッカブル-オン+音量MAX+信号待ちになったら曲をバシバシ飛ばし...ってな具合に高電力消費量状態でテッテー的にいぢめてみた。っと、朝の20分で半分まで減ったゲージにさほど変化がない。かろうじて1目盛減った位かな。う〜ん、半信半疑だったけど、もしかしたら本当にリフレッシュできたのかも知れないゾ!今後の様子が楽しみだぁ

Galliano's TVC Review!:iPod分解+バッテリーのリフレッシュ作業

2006年4月11日

G-SHOCKと南部鉄器

8日のことね(^ ^;

トウキョウから8年来の友人が訪ねてきた。私がHPを開設した1998年。元はG-SHOCK仲間だった彼は今や社会人。立派なモノです。

で、全メンバー招集の命を受けた私は例によってインチキ幹事。手際の悪さからほんの数人での歓迎となってしまって申し訳ないことこの上なかったぁ。ゆるせ友よ(- -;。

とりあえず今回の来盛目的の一つである南部鉄器獲得が出来たとの事後報告を聞いて一安心。っと、はじめに南部鉄器を買いたいとの話を聞いた時、その歳で何故に?とは思ったのだけど、もとより目の付け所が面白い仲間なので、なんとなく納得。

明けて9日には、機屋の珈琲も飲めたようだし、良かった良かった。

次回来盛の目標もまだまだあるようなので、再来を期待しますデス。あ、次回来盛時までは、ウェイトトレーニングを積んで、300kg位ある鉄瓶を買って帰って下さいねぇー。

2006年4月 6日

カンカされそうぢゃ

やはり本質を判っている人が見つけるwebってのは本質をついているようである…。
感化されそうじゃぁ。

って、安西先生ってスラムダンクかなんかのなんかなのだろうか?
なんか悶々するなぁ。

Daisy-weblog:クオリティ

2006年4月 5日

メールフォームSPAM

BBSを少しいぢったおかげで迷惑書き込みが減ったのは良いんだけど、時期を同じくして、メールフォームを使ってのSPAMが増えてきた。はたしてBBSの変更が引き金になっているかはハッキリとは判らないんだけどね。何だか時期がピッタリ合うんで悶々としてしまっている。

私の使っているメールフォームはポストする本人のメールアドレスを記入することで、控えがBCCとして配信される設定になっているんだけど。まさかね、SPAMするようなやつが、律義に自分の正メールアドレスを記入するはずもなし。もし、まともに記入していたとして、数分後にはポストした数と同じメールが自分のところに帰ってくると、その後は止めてしまうのだろう。ま、たいていはフリーアドレスなもので、どうでも良いんだろうけど。

メールフォームってのは、下手するとSPAMの発射台にされそうな機能なんだけど、いまのところ、そういった使い方をされた形跡もないから。とりあえず安心かな。

にしても、毎回くるのは4通ほど。だいたい30秒間隔ほどでポストした後は再度来ることは無い。よっぽど効率が悪いのだろう。しかし...、いつになってもSPAMってのは減らないものだねぇ。