2007年1月16日

コテ塗壁?

金ゴテで乱れ塗りした壁をCGパースで表現せよとの爆弾命令が投下されましたぁ〜。さてどうする。帰って寝てしまうか?

2006年5月24日

ムービーを作る

CGプレゼンの可能性を探るために、CGでのムービーレンダリングを試したみた。もちろん建築CGでのね。以前、とあるPROJECTに加わっていた時、アニメーションマスターを使って短いムービーを作った事はあったんだけど、建築CGでやるのは初めて。

あくまでも試験製作ってなわけで、それ用のモデリングをするのも何なんで、既に納品を済ませたデータを利用。ちと前に作った某クラブの内観にウォークスルーのパスを仕込んで生成をかける。500×375pix、15秒でフレーム数は450としてみた。

レンダリング時間、約5時間45分ナリ。通常納品グレードでモデリング+ライティングした上に、レイトレーシングで生成したものでも、これ位の時間で完了してしまった。ちと、拍子抜け。初めからムービー用のモデリングを仕掛ければ、もっと軽く済むのね。うん、これならいけるかな?

興味のある方はこちら↓から:16.3MB非圧縮デス〜
club-mv1.mov
MacならQTPlayer、WinならWM Playerでいけるはず。

2006年4月15日

CG DATA BANK

CGでの制作に限らず、建築パースで重要なのが「添景」。つまりメインになる建築物等に描き添える人や器物の事ね。で、外観パースで添景で使いたい要素の一つに「車」ってのがある。

車のモデリングってのは、それ単体でCG分野が成立しているように、かなり難易度が高かったりする。添景だからといって粘土細工のようにテキトーに作ってしまうと、逆効果をもたらしてしまう...。で、こんなサイトがお勧め。

CG DATA BANK:http://www.cgdatabank.com

4月14日に車両データ専門のサイトとしてリニューアル・オープン。添景としてはもちろん、単体CGとしても通用する100%クオリティの車両CGデータを提供してくれます。

2006年3月22日

仮想光源だらけです、ハイ。

某ビルエントランスの内観パーステストショットの生成中なのでアル。

設計通りの照明器具レイアウトを作って、レディオシティ計算をかける手もあるんだけど、今回は同じアングルで3パターンの納品予定なモノで、レディオシティをかけている暇がない。天井面と側壁面、床に仮想光源を仕込んで、なんちゃってレディオシティでとりあえずしのぐ事にする。

A4版サイズで72pixel/inchフルカラーでレンダリング中。とりあえず1ファイルあたりの生成時間は10分程度ってなところでしょうか。最終版は同サイズで288pixel/inch位で生成したいから、1ファイル1時間位か。調子に乗ってサービスショットを3カットも追加してしまったモノで、計6ファイルで6時間。

う〜ん、ちとやりすぎたか?明日午後の納期に間に合うのでしょうかぁ(^ ^)'''''

2006年1月20日

反射属性を操作する

月曜日締め切りのCGパースの制作中。今回は棒IT企業本社ビルのエントランスホール内観。大理石張りの壁面のテクスチャが上手く設定できずに悶々とする。どうもこう、微妙な写り込みと石本来の色が上手く表現出来ないノダよぉ。あ、使っている3DソフトはformZ RadioZityね。

で、悶々としたあげく、久しぶりにHow to 本を開いてみると、「基本」という属性を発見。反射属性等のレイトレーシング対応質感を個別のパラメーターで設定できるようで、これは使ってみる価値アリと早速試す。と、とりあえずイメージに近い質感の表現に至る。う〜ん、やっぱりHow to 本は買っておくべきね(^ ^;。