タグ「建築設計」 の検索結果(1/1)

2006年12月15日

かつての工房

まるとさんのblog「イワテライフ日記」の今日(15日)の記事に、かつての工房の姿が写っていた。一番下の写真がそれ。こうしてネット上に掲載されると、あらためてあそこを離れたと実感してしまう。事務所入り口横の壁に、事務所名を刻んだ看板が埋め込んであった。これは建築工事として作ったもので、竣工した当時から設置されている。で、事務所名の上に綴られている「ASSOCIATED」って単語が「ASSOCATED」ってなってた。要は「I」が無い訳で、よく「(設計内容に)愛(I)が無いですよ〜」と冗談で話していたものだった...(^。^;

学生時代、就職を前提に下働きに来た時は、まだ木造の古い事務所の時で、その横で今のRCの事務所が建設中だったのを覚えている。明けてその年の春から11年、あそこを工房として色々と勉強させてもらった。離れてから2年。独立して自分の事務所を構えている今、あの建物の設計事務所としての用途は13年程だったのだなと思い返している。今後は一部増築をして病院の建物として存続するとの話を聞いたのは2ヶ月ほど前の事だった...。

今は、事務所を構える場所を移して営みを続けているようだけど、その連絡さえ無い。離職以来続いている争い事も終息する気配も見せない。まるとさんはこう綴られている、

イワテライフ日記
   競争社会では努力を怠れば、退場を迫られる。
   だから、僕らもある時期までは自分の価値を高めて、生きていこうとする。
   退場が決まったときは、潔く身を引くことが大事。

身を引く、世代を代える、そのタイミングを逃すと、全ての歯車が狂いはじめてくるというのが実感してよくわかる。すり減った歯車で動かしていても、満足な動きは不可能だという事か...。まるとさんは続けてこう綴られている、

イワテライフ日記
   住んでいる町が活性化するために大事にすべきことの見極めは難しい。
   でも間違わないようにしたいところ。
   あなたはわかりますよね?

私個人では、町の活性化などという大それた事は出来ないのは良くわかっているつもり。ただ、世代を継ぐ「新しい血」でありたいと思っている。建築設計業務というのは、町並みや、人が住まう空間を作り上げるという重大な命題の答えを求めるのが本来の目的。吹けば消えてしまう泡は元から必要とされていない。「建築家」などと自ら「家」を冠して芸術家気取りをするのは、バブル時代的な考え。かつての栄光を懐かしんで引きずっていては、とうてい先には進めない。

一人で歩きはじめた今、はたして11年後には私はどうなっているのだろうか?などと、ふと思ってしまうのはまだ早いかな?うん、早いな。ガンバレ<自分(^。^)

2006年11月18日

採用だそうだ(^ ^)v

日がかわって、早々に連絡。
今回プレゼンした全ては無いが、一応部分的に採用が決定したとの連絡、ウレシ。と、残るは保留っちゅうことで、先の作業内容がまだ見えないんだけどね。まずは良かった。

追って、各部意匠図を併せ、本体の計画変更図面作成と意匠図の作成に入る。うん、どうにか年末まではスケジュールが埋まりそうね。

2006年11月17日

大山を越える(TOKIO行き)

どうにか干される前に東京行きの必要工程は消化された様子。
ザッと作ったプレゼンテーションパースは、のべ30枚位になるのだろうか?
「自分で自分を褒めてあげたい(^ ^;」

今回は意匠中心のProjectってな訳なんだけど、設計図面を書く前にプレゼンパースでほとんどを語ってしまった。ってな訳で、頭の中では既に図面ができ上がっていて、作図作業は早々に終わりそう。まずはメデタイ(^ ^)b

2006年9月27日

主事検査終了

ってな訳で、監理業務完了。ERIの主事検査は特に大きな指摘事項無しに無事終了。とりあえずホッとひと息ってなところかぁ?

にしても4,500平米ってのは広いねぇ。前事務所にいた時には2,500平米まではやったけど...。今回で記録更新だな。エッヘン(^ ^)b

物は町外れの工業団地新興造成地に建つ、某コンビニの北東北域担当する弁当製造出荷工場。6月頃からblogの更新が滞っていたのはコレにかかっていたせい。同時進行で町中某ビル1階スーパーマーケットの設計も同時進行していたおかげで、24時間フル稼働でございましたとさ。

暴走気味に仕事をしたんで、ちとユックリしたいんだけど。既に次なるProjectが進行中だったりして...。まぁ、物件を消化できる技量を試すつもりで、ドンドン行きましょうデスわ。

2006年9月26日

掃除屋?

夜の9:00から11時30分頃までかかって4,500平米を清掃。

清掃って言っても、ホウキで掃いて水ぶきをしただけだけどね。明日は主事検査。工程が押して、業者クリーニングが間に合わなかったってんで仕方がないねぇ。とりあえず美装だけしておこうって訳ですハイ。

2006年6月13日

階避難検証法その後...

5月26日に避難安全検証法云々ってなエントリーを書いたんだけど、9日位にどうにか最終結果を納品できた。とりあえず、今回はその設計手法の流れを身に付けるのだなどと言い訳をしながら、市販のソフトに頼らずに淡々と数値を積み重ねてみた。

最初はね、全て手計算でいこうかと思っていたんだけど、結局はExcelでの表計算に移行。今までExcelとかの表計算ソフトとのつきあいは、出来るだけ避けてきた経緯がある。以前、気楽にコピー&ペーストをしていたら、シートに埋め込まれていた関数がいつの間にか消えていたり、必要ないセルに埋め込まれていたりして、手痛いめにあって以来、恐怖心ってんですかね、トラウマになっちゃってねぇ。ま、そんなことも言ってられないってんで、必死になって関数と格闘。最後にはめでたく計算完了ってなところまでたどり着きましたとさ。まずはメデタイ(^。^)

2006年5月26日

避難安全検証法

とある依頼の関係で、今まで避けていた避難安全検証法(ルートB)を実践せねばならなくなってしまって、進行している仕事の合間を縫って概念から実践手法までを勉強中。余裕があればソフトを購入してGOGO!ってなかんじで進んぢゃうんだろうけど、そうも簡単には行かないんで、淡々と手計算で数値を積み上げている。

ま、今回は室の数も少ないし、概念と計算手法を理解するには最適な物件かなと。ちゅうかね、ソフトを使えても概念解らずってな感じでは格好悪いでしょう。まずはキチンと理解理解、って、納品できるのかしらん?

2006年5月 9日

いつのまにか5月。

これから、小牛田行き〜。
ちと、寝不足。

んぁ〜、五月病って何だぁ?

2006年3月30日

大開放

午前中に所属しているProjectの会議。休憩時間にトイレに行こうと会議室を出る。で、トイレに入ってビックリ。なんとトイレなのに2メートル高さの窓があるのである。まぁ、単に立面デザインの関係上、どうしてもその大きさの窓が欲しかったと言われれば、ソレナリに納得できるのだが、その窓にはまっているガラスが納得できなかった。

あろうことか、透明ガラスがはめられているのである。しかも、窓の向こうには通りを挟んで10階建て程のマンションが建ち並んでいる。まさに大開放状態なのである。で、窓がある側の対の壁面に見事に小便器が並んでいるのである。用事をたしている姿を側面から見られるよりは少しはましかとも思うのだが、それでもねぇ。背面から見られるのでも嫌なモノは嫌であろうヨ、おい。

とりあえず別のフロアに移動するのも面倒くさいので、そのまま用をたしてはみたが、やはり落ち着かないことこの上ない。普段このトイレを使っているこのビルの方々は慣れているのだろうか?こっち側が慣れていても、マンション側から苦情は来ないのだろうか?ちゅうか、むこうも慣れているのかな?いや、自分だったら苦情を出すなぁ(^ ^;。

解決方法としては、手っ取り早く磨りガラス風のフィルムを貼ってしまえば良いことで、それだけで全てが解決できるはず。トイレってのはプライベートゾーンでもあるんだからねぇ。すこし、考えればいいモノを。

2006年3月28日

アーケードの上

前所属事務所からの引っ張り仕事でアーケードの上に登る。

私が住まう地域で唯一の全閉式アーケードの上は、いつも別世界。下界の雑踏から切り離されたその場所は、開放感の固まりでいい感じ。

でもね、怖いんですわ。高いしね。登るときはガイド無しの裸ハシゴを淡々と登る。高さにして7メートル強ってなところだろうか。ちと高所恐怖症気味の私にとってはドキドキものですわ。

片側350メートルあるアーケード上の足場を全周して調べ物。と、登る前は湯鬱の元だった90%が解決済みだった(^ ^)v。6年かかったか、ここまで来るのに。ウレシ。

2006年3月20日

新たな展開?

週明けである。
先週末に峠を一気に越えて、燃え尽きてしまったようで...。
全くやる気の起きない月曜日である。

で、ダラダラと木曜日締め切りのCGパースのモデリングをして過ごす。
今回核となる家具類に関してはおおよそのモデリングを完了。
あとは明けて水曜日に仮レンダリングをして微調整でフィニッシュに持ち込む。

と、午後になって業務依頼。
今回の依頼内容は建築設計や、CGパースとかの仕事に直結するモノでは無くて、
現在営業している店舗に対するコンサルティング業務となる。

今週後半には現地視察へ行く予定。その後の展開は今のところ不明。
さてどうなるのかな?

2006年3月19日

一週間

見事に無更新の一週間でありました。カレンダーを見ると、綺麗に腹切り状態になっている。日記風ジャンルのコンテンツってのは、書き損ねると連鎖するように黙りが続いちゃうのね。最初の2.3日は「昨日も今日も書いてないなぁ」とちと焦り気味になってたりするんだけど、4日目あたりからダラダラと...。で、何かのきっかけを足がかりにして復帰するわけだ。

で、1週間何をしていたかというと、木造物件の実施設計から積算までのフルコース。はぁ、はっきり言ってつかれましたですハイ。

2006年2月16日

気合い...!

昨日のかんずめの影響で、今日はガシガシと図面を書くことにする。一心不乱異次元トリップしたごとく、g&%>,|~(自主文字化け)に迷い込んだごとくボットーするド!そうだ、テーマソングはHOTEL宇宙船でGO!だ。


そうさ、おそらく最後はスローダウンさ!

2006年2月15日

かんずめ

今日は朝から「建築士のための指定講習会」で終日かんずめ状態であった。
講習のお題は、耐震構造関連とか、シックハウス関係とか。
ま、昨今の世論を反映した内容が主だったかな。

講師の話の内容はともかく、配布されたテキストが結構良い内容で、
今後の設計活動の良い資料になりそうで満足(^ ^)b

っと、久しぶりに長時間自由を奪われたモノで、ストレスは最高調に達しているような...。

2006年1月 1日

あけおめ

新年である。
去年一年間、色々とあったせいで、あっという間に年を越してしまった感が(^ ^;

今年一発目の締め切りは1月15日。某D.I.Y量販店の設計図面。で、まだまだ余裕があるかと新年早々から長々と休もうかと思ったのだが、締め切り間際にあたふたするのも何なんで、とりあえず4日あたりから事務所に出ることにする。

年末には滑り込みで事務所登録も完了したんで、今年は年明けから動く。とりあえずは今までお世話になってきた方々に事務所開所の挨拶をってところでしょうか。

2005年12月 5日

仕事日誌?

一日中都心部マンションの図面書きで缶詰。
構造体の隙間を縫うように計画されている室を淡々と図面化。

世を騒がせている構造計算書偽造疑惑に関しては、日々ニュース報道が積み重なるほどに情けなさでやるせなくなってくる。世間一般、建築設計業種の知名度が上がって来ているみたい。ただでさえ、理解されにくい業種なんだけど、こう悪い意味で建築設計業務に対する注目度上がってしまうとは...。

メディア的にはディベロッパーの社長の動向が注目されている。んが!事件の核心悪はあくまでも耐震強度を偽って計算して、事もあろうにそれを竣工まで持って行ってしまった建築士。資格剥奪は当たり前だけど、それ以降はどうなるのか。何か個人の想像の範疇を軽く超えてしまうな。

2005年12月 3日

綺麗に住まわれてますなぁ

前事務所時代に設計監理を担当した住宅物件の施主から相談があって久しぶりにご自宅へ参上。この施主は古くからのつきあいで、元はネット上で知り合った仲。今ではむしろネット上より生のつきあいの方が多いかな。ホームページを公開したあたりからの大切な仲間である。一時はOFF会なるモノに味をしめ、毎週お酒活動をしていたのが懐かしいゾ。で、竣工後約3年程経過しているのだが、何とも綺麗に住まわれている。設計した者にとっては嬉しい限り。

今回の相談は、玄関風除室と居間兼食堂間の建具下方から冷気が吹き込んでくると言うことで、モヘア付きの隙間テープを建具下部木口面に貼り付け。これで状況はかなり改善されるはずである。

時期は忘年会シーズンと言う訳で、来週末には久しぶりにお酒活動をということに。久しぶりにネット仲間へとお誘いのメール。今から待ち遠しいのである(^_,^)