タグ「携帯電話」 の検索結果(1/1)

2007年6月 8日

N904iとP703iμ

先月末の事ね。携帯電話をN904iに変えてみた。家人のmova(苦笑)のFOMA化にちゃっかり便乗で物欲を満たす私である(^ ^)bNを使うのはN503iSからSO505iSに乗り換えて以来。さて使い勝手はどうかというと...。

SO505iSからFOMAに移行して、P900i、P902iと代を重ねてきた訳だけど、Pのワンプッシュボタンに慣れていたせいで、開け難いってのが第一印象。加えて、オープン=通話開始てな機能設定があたり前のように身に付いていたので、暫くは呼び出し状態のまま「もしもぉ〜し!」と一生懸命叫んでいたりして(^ ^;。二つ折り状態から開く事で使用形態になるのであれば、Pシリーズのワンプッシュオープン機構ってのは必要機構だと思うんだけどね、オープン=通話開始の機能設定についても同じ。使い勝手としては、ワンプッシュオープン+αの機能だとしても、二つ折り型が主流となった今では、他社でも採用すべきだと思うぞ、私は。

続いて全体の質感とボタン操作感。これね、私的には完全に「ー」評価。見た目の印象よりは重量が軽い(外装では金属パーツがホトンド無いのね)せいか、少し安っぽい印象がする。ボタン操作の感覚も、コンビニの弁当の蓋(透明なやつね)の角をポコポコ押している感じ。ソー言えば、N503iSもそんな感じだった。全体の質感に関しては、P900iに替えた時も、同じ感じを覚えたなぁ。

ちなみに、買ったのは Orange Cut で、配色的には黒とオレンジのコントラストが効いていて良い感じ。カラーは4種類あるんだけど、おそらくこの Orange Cut がステファノ・ジョバンノーニのコンセプトカラーパターンなんだと思う。ここら辺を見てからここを見れば判るかと。Day and Night はともかく、Urban Blue と Pink Soda に関しては、どうも納得がいかないなぁ。 Orange Cut とDay and Night だけでも、ラインとしては十分足りると思うのだけど。彼のデザイン手法に対する私個人の勝手な思い込みかな?

そうそう、ソフトウェア的には良い感じに納まっていると思う。ただ、FOMAハイスピードとヤマハサウンドは私には不要ね。もとより、携帯電話で全て事を済ませようと思っていないし。フルブラウザ機能を搭載しているのは◎ね、っと言いながらその機能をまだ試していなかったりして(^ ^;。ん?スペック的には、ハイスピードに対応したからフルブラウザ機能が付加できたと考えるのが正解か...。ま、いずれこの機能は試してみようかと。

ちなみに、家人の初FOMAはP703iμ。あの薄さでは実現不可能なのかPシリーズなれどワンプッシュオープン機構無しが残念。が!質感、操作感共に、こっちの方が上ね。ステンレスボディなんで、ちと重いんだけど、こっちの方が安定感があって、ボタン操作の感覚も良い感じ。移行するならこっちだったかな?と、ちと後悔していたりして。ひそかにFOMAカードを抜き替えてしまおうか等と目論んでいたりもするんだけど、そんな事したら、家人が怒るかな...?うん、怒るな(-_-メ。

2006年3月23日

SO902i

仲間からi-modeメール。
「ソニー・エリクソンです!」とな。
そういえば、21日発売だったデスね。

うらやましいゾ。

何となく初代プレミニが欲しい今日この頃デス。

2006年2月18日

圏外

娘がプールへ連れて行けと言うんで、仕事が終わってから出撃。場所はゴミ焼却場併設の温水プール&クアハウスである。

で、一通り泳いだ後、早々に帰路につこうと、ふと携帯を見ると「圏外」だってさ。施設に近づくとかろうじてアンテナが1本表示される。駐車場に戻ると「圏外」復活。FOMAの受信可能地域はこちら方面ではまだまだね。あ〜ん、近々地方まわりの動きがあるようなんだけど、これぢゃぁ使い物にならんかなぁ。まるで、携帯電話が普及し始めた頃みたいだな。

今更movaに戻るのもしゃくにさわるんで、デュアル契約でもしようかと検討中である。

2006年2月17日

ノキアのFOMA NM850iG

やっとFOMAにも第三メーカー再参入かってな感じでNM850iGの発売がアナウンスされたんだけど、これって2年前くらいにボーダフォンから出たVodafone 702NK(Nokia 6630)の焼き直しね。ちゅうか、スマートフォン利用可能性の要でもあるネイティブアプリがインストール不可能ってのは、なんだかなぁ〜って感じなのである。

当時Vodafone 702NK(Nokia 6630)を店頭で見た感想は素直に無骨でデカイ。電話番号を変えてまでキャリアをまたいで移行する価値を感じなかったんだけどね。とりあえずFOMAプラットフォームだってんでちょっと物欲が刺激されてますデス。と、これってかつての「by〜」シリーズでの展開ぢゃないみたいね。

ノキアと言えば、GSM協会から2006年最優秀携帯電話(カー・オブ・ザ・イヤーみたいなモノね)に8800が選ばれたようで、良い感じに波に乗り始めた感があるねぇ。で、この8800、かつてのmova端末NM502iをブラッシュアップした感じの筐体が◎。NM502iを使っていたときに気になっていたスライドカバー裏面の保護処理がキチンと考えられていて、しかもそれを筐体デザインとして上手く処理している感が。

最近になってauに刺激を受けたのか、DoCoMoもソレナリのデザイン筐体を使った機種を多々出しているようなんだけど、どうしても「日本のケイタイデンワ」ってな範疇に収まっていると感じるのは私だけではないと思うんだけど...。相変わらずの「右ヘナラヘ感」は無くならないな。

ユーザーが求めているのは単に洗練されたデザインでは無いと思う。個性ってものを相変わらず否定している感じがね、するんです。たぶんあと一歩踏み出せば良い感じのラインが出てきそうなんだけどね。これからの展開にさらに期待(^ ^)b。

※各機種情報のリンク先はケータイWatchです。