タグ「白鳥」 の検索結果(1/1)

2006年3月25日

白鳥舞い降りる。

今朝、近所で騒ぎがあって珍しく一家そろっての早起き。
で、寝室の窓から騒ぎの先を見ていた娘が裏の畑を見下ろして一言。
「白鳥さんだぁ〜。おはよう!」と宣う。
何を言っているんだか?と娘を窓から退けて嫁が覗くと、
「んぢゃっ、本当だぁ〜!?」
で、今度は嫁を退けて私が覗いてみる。
と、そこには間違いなく白鳥が座り込んでいるのである...(^_^;

家の近くに白鳥が飛来する池があるおかげで、毎年この季節になると北帰のための飛行練習をする白鳥の一段がV字編隊で日夜「クワゥ〜、クワゥ〜」と鳴きながら空を飛んでいるんだけどね...。とりあえず裏の畑に出て様子を見てみる。あ、裏の畑といっても、我が家は農家ぢゃないんで、家庭菜園をする程度、20坪位のモンです。

冬場の餌やりとかで、ソレナリに人には慣れているようで、近づいてもあまり驚くような素振りは見せない。察するに怪我をしている様子でもないんだけど、なにぶん座り込んでいるもので、足とかまでは様子をうかがい知れない。ただね、元気だったとしても、まわりの平場は20坪位の畑だけ。そのまわりは1.8メートル高位の木の塀で囲まれているわけ。そう、飛び立つために助走する余裕が全くないのである。

近づいて間近で見ると、白鳥ってソレナリの大きさなのね。いくら何でも抱えてどこかへ運び出してやる勇気も起きない。あとで知ったんだけど、白鳥を捕獲するには許可が必要のようで、誰彼勝手に捕まえてはならんってな対象のようですワ。ま、保護目的ならいいんだろうけど(いいのか?)。とりあえず記念(?)に娘とツーショットで写真を撮ってから、保健所へ電話。って、今日は土曜日ぢゃぁないですか。で、県庁へ電話。

捕獲許可を取得している方が後に出撃してくる予定まで段取りをして、仕事場へ。その後どうなったかは帰宅してみなければわからないんだけどね。っというわけで、今日の追記に期待セヨ!