タグ「MySQL」 の検索結果(1/1)

2006年9月21日

MySQL移行成功(^_^)v

ふと思った。移行する前処理としてmt-config.cgiでBerkeley DBの位置情報をコメントアウトしたんだけど、この既存DBの位置を隠してしまうと、mt-db2sql.cgiを実行しても、参照元が見つからないのでは?

ってな訳で、Berkeley DBの位置情報行先頭「#」を消して再度有効にして、上書きアップロード。DBの記述がMySQLとBerkeley DBの両方で有効になることになるんで、ちと不安だったんだけどねぇ。で、phpMyAdminへログインしてテーブルの様子を探ると、移行して出来ている各テーブルのサイズが異様に小さい。mt_configのところなんか0になっている...。で、一気に全部を消去。キレイサッパリ素に戻って、再度mt-db2sql.cgiを実行。っと、さっきとは様相が違って、DBの変換数がダラダラと表示されながら各テーブル名が進んでいく。う〜ん良い感じかなと、テーブルの様子を見てみると...。しっかりと表示容量が増えている(^ ^)b

で、投稿ページにアクセスしてみると...。無事ログイン完了。
現在のところ、このエントリーを入力中なのである。まずは良かった。

と、ポイントを整理しておくと。
 1.mt-db2sql.cgiを実行する前は、mt-config.cgiのBerkeley DBの位置情報を有効に。
  (MySQLの位置情報他と両方有効)
 2.Berkeley DBの位置情報をコメントアウトするのは、mt-db2sql.cgiを実行した後。
ってな感じでしょうか?

2006年9月21日

MySQL移行断念(- -;

サーバー移転に伴ってMySQLの使用開始依頼をしていたので、mtのデータベースをBerkeley DBからMySQLに移行しようと思ったんだけどね。

mt-config.cgiの設定をキチンと書き換えて、mt-db2sql.cgiを実行。「移行が正常に完了しました。」ってな感じのメッセージが表示されたんで、わりと簡単ぢゃぁないの等と平気に思っていたら...。

エントリーを投稿しようと投稿ページにアクセスしたら、ログインのページ。で、IDとPWを入力して「ポチッ」としてみたら...。何故か「ログイン出来ません」とのこと。何回試しても同じ。PW設定のフレーズを入力しても承認されず...。さて困ったゾ〜。